長崎県島原半島から、地元で採れた野菜・果物を中心に長崎県内外の青果物を全国へ輸送しています

冷凍ウイング車を所有し、パレット使用による効率的な積み降ろしと、必要に応じて温度設定し、鮮度を保つ輸送を行っています

Gマークを取得し、安全、安心のもとに輸送できるよう運転者、車両ともに管理しています

全車両にデジタルタコグラフ、バックアイカメラを装着し、運行の管理、温度管理を行い、安全運行を行っています

夏(7月~10月)には群馬県嬬恋村に営業所を開設、夏秋キャベツ日本一の産地で輸送を行っています

作業の安全のため、全社員がフォークリフトの免許を取得しています

運行の安全の要となるタイヤの状態を把握し、整備管理者の管理のもと タイヤ交換を自社にて実施しています

地元生産者や青果業者、納め先となる青果市場や加工業者と情報交換、連携して新たな輸送体系の構築などに挑戦、実施しています